1920

雑誌掲載作品 掲載誌 内容
「我れ爾を救ふ」 「中央公論」1月号 .
「懺悔し得ぬ男の懺悔」 「婦人公論」1月号 .
「こころもちの記」 「自由評論」1月号 .
「浄土和讃に顕わされし基督」 「自由評論」2月号 .
「?」 「自由評論」3月号 未確認なるも1月から4月まで連載のため、なにかしら掲載とおもわれる
「栄光」 「自由評論」4月号 .
「殉教少女物語」 「婦人公論」5月号 .
「暗い赤い電燈」 「雄弁」5−6月号 .
「俺は帰る」 「大観」5−7、10−12月号 .
 「夜気の中にて」  「自由評論」6-7月号  
「老爺の指」 「雄弁」8月号 .
「新文体の中心」 日本及日本人臨時増刊:現代名家文章大観」689号(9/20発行) 山中未成名義
 「一家庭教師の日記から」  「婦人公論」10月号  
 「三つの陥穽」  「雄弁」10月号  
 「影の去来」  「雄弁」11月号  
「異法の血」  「雄弁」12月号  
     
 書籍名  出版データ  
「暗い赤い電灯」   「矢来集 下巻」所収。岡村俊一郎編、岡村俊一郎発行。発行地不明  国立国会図書館サーチによる。大阪府立図書館蔵書。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I028123350-00
 「我れ爾を救ふ」「獄を出て」「未決囚」  「 諸雑誌抜萃文学集 第17巻」 松岡嘉右衛門/編 出版地、出版社不明  「我れ爾を救ふ」「獄を出て」「未決囚」所収。国立国会図書館サーチによると、出版年は1900年となっているが、これらの雑誌発表は1919および1920年のため、1920年に雑誌に発行されためぼしい記事を集めたものとおもわれる。名古屋市鶴舞中央図書館蔵書。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I040435514-00
 「この身のままを」  南北社、3月    
 「生ける少女」  森江書店、6月 「我れ爾を救ふ」外篇  この作品は「イエスか親鸞か」(東光会・双樹社)や「否」(東光会・警醒社)によると、三六版七二頁であるが、入手した昭和四年第150版は発売元が森江書店であり、77頁ある。ところがこれも初版を大正9年にしており、実際に大正九年に77頁ヴァージョンと72頁ヴァージョンがでていたのか、それとも版権を森江書店が買い取ったのだろうか。ちなみに「姉妹の胸へ」が「生ける少女」の巻末広告に登場している。尾崎秀樹の伝記では、大震災ののちに罹災をまぬがれた警醒社の本は、「生ける少女」もふくめて特価販売したそうだが、そのあとは再版をしているのだろうか。謎は深まるばかりである。  
 「我れ爾を救ふ・第一集」  警醒社書店、12月