×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1922

雑誌掲載作品 掲載誌 内容
 「内の十字街」  「中央公論」1月号  西田天香、倉田百三との対談。湯浅篤志氏のご教示による。
国立国会図書館サーチによる。名古屋市鶴舞中央図書館蔵書 「諸雑誌抜萃文学集 第12巻」 (松岡嘉右衛門/編 出版地、出版社不明)に収録された「の十字街」の初出はこれか。不自然な題名はミス入力か?以下のURLを参照のこと。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I040435509-00
「盥の福音」 (「婦人公論」1月号) .
「白道を往かん」 「雄弁」1月号 .
「ひそかなる感謝 「大観」2月号 .
「親鸞と一燈園生活」 「大観」3月号 .
「親鸞と地上生(自然法爾の一片)(「信仰生活、懺悔について」)」 (「新小説」3月号) 「新小説総目次・執筆者索引」マイクロ版近代文学館4「新小説」別冊、八木書店、(平成1年)
「頬を打たれて」 「雄弁」3月号 .
「一つならん願い」 「淑女画報」4月号 「夫婦の愛情増進の秘訣」のうち 。
 「寂しき握手」  「婦人公論」4月号  
「薫る足跡」 (「婦人世界」1-10、12月号) .
「師に逆きて」 「雄弁」6月号 .
 「親鸞上人の祈り」  「実業の日本」6月1日号  
「饒舌の悩み」 「雄弁」7月号 .
「親鸞上人の懺悔」 (「婦人世界」7月号) .
「親鸞」 (「主婦之友」3(?)-12月号) .
     
  書籍名   出版データ  
「廻光遍路・イエスか親鸞か」  東光会・双樹社、2月    
 「三人の告白」  警醒社書店、4月 「我れ爾を救ふ」外篇  本の友社版「俺は帰る」の解説で佐藤太平は大正11年3月までに「我れ爾を救ふ」シリーズは発行されたといっているが、三一書房版の年表では4月発行となっている。  
 「自舒伝否」  警醒社書店、10月
【出版者】 東光会
【初版年】 1922/10/05
【ページ】 434P
【大きさ】 20*14cm
   
 「親鸞聖人」  戯曲、警醒社書店、11月    
「親鸞と更生・我れ爾を救ふ第四集」 警醒社、一三会