1939

雑誌掲載作品 掲載誌 内容
「日本振天記(別篇・支那事変従軍印象)」 河北新報夕刊1/7-6/3連載、120回 伊勢良夫画。「河北新報の百年」による。
「浙江省長会見記」 「大陸」1月号 加藤祥子氏の御教示による。
「挺身宣撫員」 「富士」1月号 .
「孫文」 「現代」2月号 「文芸年鑑」による。
「青年を叱る青年を褒る」 「科学ペン」2月号 左記題名のアンケートの回答。
「日本の子どもに祈る」 「こども家の光」2月号 .
「日の丸の旗と支那の子ども」 「幼年倶楽部」2月号 .
「軍神西住大尉」 「日の出」2月号 国会図書館「『日の出』総目次1(1)〜14(7)」による。
「赤ン坊を拾った兵」 「日の出」3月号 「子供の頁」。国会図書館「『日の出』総目次1(1)〜14(7)」による。
 「陣中佳話 来てゐない手紙」 「婦人倶楽部」3月号   
「アジヤの兄弟」 「幼年倶楽部」4月号-15年3月号 .
「黒衣の小盗児」 「日の出」4月号 「大衆文学大系別巻・通史資料」(昭和55年、講談社)の「主要雑誌総目次」による。国会図書館「『日の出』総目次1(1)〜14(7)」による。
「男親」 「キング」4月春の増刊[全部読切面白づくめ号」 「大衆文学大系別巻・通史資料」(昭和55年、講談社)の「主要雑誌総目次」による。
「えびす一等兵と支那少女」 「少女倶楽部」5月増刊
「真昼の照空灯」 「少女倶楽部」6-11月号 写真物語。
「勅語を拝し奉りて」 「少年倶楽部」7月号
「裏切る姑娘」 「日の出」7月号 国会図書館「『日の出』総目次1(1)〜14(7)」による。
「富士の入場式」 「ラヂオ子供のテキスト」7月号 「「八月号」には山中峯太郎先生の連載軍事小説を戴くことになりました。」との編集部の記述が最後にある。
「愛する剣」 「ラヂオ子供のテキスト」8月〜15年2月号 黒田明氏のご教示による。
「謎の姑娘」 「日の出」9月号 国会図書館「『日の出』総目次1(1)〜14(7)」による。
「御下賜の清酒」 「雄弁」9月号 .
 「燃ゆる大陸」  「銃後の花」9月号〜?  12月号「第四回」を確認。末永昭ニ氏のご教示による。
 「欧洲戦はどこまで発展するか」 「実業の日本」10月号  アンケート 
「えびす一等兵の決死伝令」 「少女倶楽部」10月増刊 .
「亜細亜中断戦」 「青年」11月-15年12月号 .
「スパイと戦争」 「日の出」11月号 福永恭助、木村毅他との座談会。「大衆文学大系別巻・通史資料」(昭和55年、講談社)の「主要雑誌総目次」による。
「男子有情」 「国民防空」11?ー15年12月号以降 .
     
  書籍名  出版データ  
 「祖国の鐘」  偕成社、3月    
 「肚で行く」  偕成社、4月    
 「三銃士」  アレキサンドル・デューマ/原作
【著者名】 山中 峯太郎/著
【著者名】 梁川 剛一/口絵・挿絵・装幀
【出版者】 大日本雄弁会講談社
【初版年】 1939/05/15
【叢書名】 世界名作物語[1937年版]
【ページ】 358P
【大きさ】 19*14cm
【注記】 付:箱
   
 「秘密境の予言者」  興亜書房、6月    
 「空襲機密島」  偕成社、7月    
 「躍るスパイ群」  新潮社、7月    
 「大陸動員令」  誠文堂新光社、12月    
 「新支那の感情」  春陽堂、12月    
 「亜細亜に立つ火柱」  偕成社、?  「日本著者名総目録」による。